2018/05/31 new #弥富市 #売家 #賃貸 #アパート

今日は雨が降ると予報でしたが、思った以上に土砂降りだと思っていて奥村隆充です。

家を持っているがお金がないのでどうすれば良いと相談を受けることがあります。

すぐ浮かぶ解決法は3つあって、

  1. 売る。そしてそのお金でもう少し安い住宅を買う、もしくは、アパートを借りる。
  2. 貸して、貸した賃料より安い賃料の住む場所を借りる。(移住住替え支援機構等を利用)
  3. 持っている不動産を担保にお金を借りる。(リバースモゲージを利用)

家をお金にする方法はいろいろあるけれど、要するに売るか貸すかになります。

1.の売るという選択肢は住む場所を次に得にくいので生活費を得るという目的にはそぐわない。

2.の貸すという選択肢は一人暮らしになってしまった人が、自分に住むには大きすぎる戸建てをもっていて、家族の多いもっと世代の若い人に使ってもらうというもので、移住住替え支援機構が長期優良住宅とセットで推進しています。ちなみにこの移住住替え支援機構は借り主が見つからない段階でも先に借り上げてくれて、一般に貸し出す金額より少し安いけれど、一定のお金をかならず払ってくれるというところがポイント。

3.担保にして借りる、リバースモゲージと呼ばれる手法で20年以上前から仕組みは考えられていたのですが、不動産価値の評価が難しいため、なかなか始まりませんでした。
おそらくニーズがあったのでだんだん作られるようになったのだと思います。ニーズというのは相続人がいないというケースかと思います。

お金がないのでということではないのですが、不動産を活用するというのでは、以前も紹介した世代間のシェアハウスを知って良い仕組みだなあと思います。

先に紹介した不動産活用がお金を媒介にしているのに対し、世代間シェアハウスは信頼をベースにした”協力”をやり取りしているところが魅力的です。

そもそもお金を媒介にしない方が資源を搾取されることなく効率的に使えるからです。

生活直接に課税するのはそぐわない気がします。税金は余剰を集めて分配するべきで、生活費を削り奪って分配すべきではないかと思います。

その意味で、お金を媒介しない協力生活はいいとおもいました。

さて

本日、弊社周辺に物件が6件新規公開されました。


売買物件:5件
物件番号 69632842002、売戸建住宅・・・、弥富市五明2丁目・・・・、・・1,980万円、4LDK
物件番号 69632843028、売戸建住宅・・・、弥富市五明2丁目・・・・、・・1,980万円、4LDK
物件番号 69630433046、売戸建住宅・・・、弥富市平島町中新田・・・、・・2,180万円、4LDK
物件番号 69630434043、売戸建住宅・・・、弥富市平島町中新田・・・、・・2,480万円、4LDK
物件番号 74051249001、売戸建住宅・・・、弥富市鯏浦町・・・・・・、・・2,680万円、4LDK


賃貸物件:1件
物件番号 10856029030、貸アパート・・・、弥富市平島中4丁目・・・、・・・6.00万円、2LDK


写真が表示されなくなった物件は公開が終わっている可能性があります。


詳細を知りたい方、下記メールフォームからお知らせ下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください