2018/09/21 new #弥富市 #売地 #賃貸 #アパート

子供のころスパゲティは鉄板にとき卵をひいてケチャップであえたものだと思っていた奥村隆充です。

改正民法での賃貸契約などをするときの注意点を勉強する機会がありました。

これは、今までは大家さんが不動産業者を使わずに賃貸契約しても、民法にしたがっていればうまくいっていたところが、契約書にかきこまなければ今までのように保証人をつけることはできなくなるし、修理について大家さんの負担が大きくなっているので、プロの手を借りないと古い物件ほど家賃が安い物件ほど大家さんがやりにくくなってしまうと思いました。

例えば、連帯保証人については、今までのような借主と同等の債務を負う、金額の限度を定めていない契約はできなくなり、もしも、定めていない契約書である場合は、その保証部分は無効となってしまう。

例えば、もしも、入居者が行方不明になってしまい、家賃が滞っていても、今までなら、連帯保証人に催告していれば本人へ請求したことになったのが、本人へ直接家賃の請求をしないと、時効が中断しないため請求できなくなってしまう。

例えば、いままでは、借主に落ち度がない場合で、建物の一部が壊れてしまった、壊してしまった場合のみできた、契約の解除が、新しい民法では特約しない限り、借主が故意であったとしても、建物を壊してしまったとしても、そのままでは住めない場合は借主は契約解除が合意なくできる。

上記の部分は特約できる部分があるので、契約時にきちんと手当をした契約書を使用すればよいのですが、しないと上記のようになるそうです。

法律家や不動産業者が介入しなければ難しくなってしまったように思いました。

さて

本日、弊社周辺に物件が2件新規公開されました。


売買物件:1件
物件番号 69666400007、売地・・・・・・、弥富市鯏浦町西前新・・・、・・6,500万円、407.98㎡


賃貸物件:1件
物件番号 10764163027、貸アパート・・・、弥富市前ケ須町東勘・・・、・・・5.40万円、1LDK


写真が表示されなくなった物件は公開が終わっている可能性があります。


詳細を知りたい方、下記メールフォームからお知らせ下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください